関連法令規則

PTSの定義

PTSとは「Proprietary Trading System」の略で、私設取引システムです。 金融商品取引法(金商法)第2条第8項第10号に従い、 「有価証券の売買又はその媒介、取次ぎ若しくは代理であって、電子情報処理組織を使用して、同時に多数の者を一 方の当事者又は各当事者として次に掲げる売買価格の決定方法*又はこれに類似する方法により行うもの」とされています。

*競売買(オークション方式)、市場価格参照方式、顧客注文対当方式 等。

清算・決済

上場株式等のPTSは、全ての取引は日本証券クリアリング機構、証券保管振替機構を通じて、清算・決済されます:

気配及び売買価格の公表

上場株式等PTSは、全ての取引は、日本証券業協会(JSDA)の規則に従い、PTSにおける気配価格、約定価格を「閲覧に供する状態」*においております。

「PTS Information Network」 による公表をいいます。

空売り規制

上場株式等PTSは、金融商品取引所における空売り価格規制と同様に空売り規制の適用を受けます。具体的には、以下の空売りに関する規制がジャパンネクストPTSにおいて適用されます。

10%PTS上限ルール

上場株式等PTSの場合(かつ、競売買(オークション方式)以外の売買価格決定方式*の場合)は、金融庁「金融商品取引業者等向けの総合的な監督指針」(以下、ガイドライン)Ⅳ-4-2-1の規定に従い、過去6ヶ月(一日平均売買金額)において、 ジャパンネクストPTSの取扱比率が、特定の個別銘柄売買で20%以上、かつ、PTS全体の売買が国内の全取引所金融商品市場における株券及び新株予約権付社債券の全売買代金の10%以上となった場合には、金融商品取引市場開設 の免許取得を行うこととされています。

*ジャパンネクストPTSの売買価格決定方式は顧客注文対当方式であり、競売買方式(オークション方式)ではありません。また、競売買方式(オークション方式)の場合は、金商法の法令により、上記数値が、(個別銘柄)10%、(全体)1%を超えた場合は、金融商品取引市場開設 の免許取得を行うこととされています。

信用取引

ガイドラインⅣ-4-2-1の規定に従い、ジャパンネクストPTSでは取扱いしていません。